こっとんがーど

しがないSEがのんびりポケモンしてます。

ポケモン単体考察

炎ゴーストタイプで独特な耐性をもつアローラガラガラ

フレドラ、シャドーボーン、ホネブーメランで幅広く攻撃することができます。
新作でかみなりパンチ、けたぐり、反動の無いほのおのパンチも過去作を使用せず覚えることもできました。
そんなアタッカーのイメージが強いガラガラですが、今作で遺伝技で「のろい」を取得したので
こんな型を考えてみました。

育成案
努力値:H252D252B4
性格:慎重
特性:ひらいしん
持ち物:持ち物考察参照
確定技:のろい、ステルスロック、おにび
候補技:がんせきふうじ、ほろびのうた、攻撃技(フレドラ、シャドーボーン)、こごえるかぜ
技構成例:(のろい/ステロ/おにび/がんせきふうじ)

独特な耐性からの場づくり型
コケコに強く、リザードンに弱くないステロ撒き
のろいやほろびのうたでバトンパにも強く出れるステロ撒き
確実に意表を突ける。

と書くと強そうだ・・・。
こごえるかぜはひらいしんのとくこうアップ効果を無駄にしたくない場合は・・・使えるかもしれない。
普通にがんせきふうじで良いと思います。


続きを読む

mawile



メガクチートの技構成といえば(じゃれつく/ふいうち/はたきおとす/つるぎのまい)
ただ大事な時のじゃれつく外しと上手く付き合う必要があるポケモン

今回は、命中安定のメイン技アイヘを採用して、
カバやランドが出てきて受けられるのを拳で抵抗しようと思いこの型を考えてみた。

育成案
努力値:H252A252D4
性格:いじっぱり
持ち物:クチートナイト
技:アイアンヘッド れいとうパンチ かみなりパンチ つるぎのまい
その他技(少し命中不安含む):ふいうち ほのおのキバ いわなだれ

じゃれつかず、拳で抵抗する型。
ネタで考えたけど意外といけそう()

続きを読む

banette





後姿が可愛い。
なんかあまり目立たないメガシンカジュペッタ。
メガ前の特性おみとおしで持ち物を確認でき、メガ後の特性はいたずらごころという強力な特性を持ちます。

いたずらごころみちづれ→攻撃技と「みちづれ」から逃しにくい性能を持っていて、最低でも1:1交換を狙えるポケモンでもある。

育成案
努力値:H252B148D108
性格:腕白
持ち物:ジュペッタナイト
確定技:かげうち、みちづれ
候補攻撃技:ダストシュート、シャドークロー、はたきおとす、ゴーストダイブ
候補補助技:おにび、トリックルーム、でんじは、かなしばり、ちょうはつ
技構成例:(かげうち/ダストシュート/みちづれ/おにび)

技構成は攻撃技2つ+みちづれ+補助技の構成。
攻撃技は霊技は先制技のかげうち、ゴーストダイブ、威力抑えめのシャドークロー。

でんじはの命中が下がったり、悪タイプにいたずらごころが無効化されたり、サイコメイカーやミストメイカーの登場がマイナス点。
特に悪タイプにいたずらごころの効果が無効になるということは、バンギラスやメガギャラドスにおにびを入れることができないということである。
なのでおにびはちょうはつやトリックルームでもよかったかもしれない。

いたずらごころみちづれは、サイコフィールド下でも、相手が悪タイプでも発動する。良かった・・・

続きを読む


c17d6544






相手の自己再生やはねやすめが面倒だけど攻撃技の範囲狭めたくないな
と思い考えてみました。

脳内僕「Z回復技封じで特攻2段階アップできるのか。ちょうはつとわるだくみの良いとこ取りとか強そう」

かいふくふうじとは?
相手全体が対象。5ターンの間、相手は回復系の技が使えなくなる。

自己再生やはねやすめだけでなく、やどりぎのタネやドレパンなどの回復技も封じる。
たべのこしや木の実での持ち物での回復も封じる。
ポイズンヒールなどの特性での回復も封じれるみたい。

続きを読む

6世代からずっと使っているポケモン。(オフに連れていく機会はなかったが先日のSPLオフで遂に使用)

ポイヒ型がメジャーですが、先発でステロをまき、後続をサポートする型の紹介です。

gliscor






育成例
努力値:H4AS252
実数値:151-147-145-x-95-161
特性:かいりきバサミ
性格:陽気
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック、じしん、がんせきふうじ、ちょうはつ
候補技:とんぼがえり、つばめがえし、ハサミギロチン
技構成:(ステルスロック/じしん/がんせきふうじ/ちょうはつ)

ステロ撒き要員なのでステロは確定。読まれにくいステロ役です。
ちょうはつは、カバルドン展開に非常に刺さります。

特性によりいかくが効きません。
ギャラマンダに攻撃力下げられずにがんせきふうじを打ち込めるのは他のステロ撒きにはない個性

続きを読む

↑このページのトップヘ